リプソーラーミニのバッテリー交換

リプソーラーミニのバッテリーを自分で交換しました。

リプソーラーミニのバッテリー

バッテリーの写真の色がちょっと黄色っぽくなっていますが、これは夜室内の明かりの下で作業をしたため。

オリジナルの韓国製のバッテリーは12Vで18Ahでしたが、今回入れたものは若干容量が大きく、12Vで20Ahのもの。まあ、大差はないはず。メーカーは異なりますが、大きさの規格は同じですから、リプソーラーミニにぴったりとおさまりました。

大変だったのは、リプソーラーをとめているネジを全部はずし、バッテリーのネジを外すこと。結構な力仕事になりました。作業自体は単純で、誰にでもできるのですが。バッテリーのネジを外すときには、作業スペースが小さいので、小型のレンチがあるとよいです。

塗る太陽電池の実用化にめど

今日新聞を読んでいたら、三菱化学が塗る太陽電池の実用化にめどを付けたとのこと。塗る太陽電池とはすごい。要するに、太陽電池の形やサイズを問わないわけだから、従来の結晶シリコンの太陽電池に比べて発電効率が半分だとしても、倍の面積を太陽電池化するのはさほど難しくないような気がします。

うちの会社が所有している建物の壁一面とかに塗る太陽電池を塗りつけてみたいけど、市販する予定なのかなあ?それとも建材などのメーカー向けに限定して販売するんだろうか。値段も気になるけど、ビルの屋上にペタペタ塗るだけで太陽電池になるのなら、これは相当普及しそう。三菱化学の株価をチェックしなきゃ、と思ったら、持ち株会社が三菱ケミカルホールディングスか。