いび森林資源活用センター協同組合でペレットを購入

私の会社では暖房にペレットストーブを使っています。間伐材やおが屑を原料に作る木質のペレットを燃料に使うストーブで、環境に優しく、また木を燃やす火が暖かいのが特徴です。

取り扱いも、薪ストーブとは違い、意外と簡単なのですが、問題はペレットがその辺りで売られていないこと。通販がないわけではないですが、一袋が10キロとかありますから、送料がかなり高くついてしまいます。ペレットそのものの値段は、カロリーあたりだと灯油より少し安いくらいなのですが、送料をかけると割高になってしまいます。

そこで、冬が来る前に、木質ペレットを作っている工場まで出かけて直接購入。50袋あると、一冬もちます。一袋10キロですから500キロ。

木質ペレット

我が社が買いに行くのは「いび森林資源活用センター協同組合」。岐阜県の揖斐川上流部にある町、揖斐町にある工場です。町内の企業や森林組合が資金を出し合い、町内の間伐振興と域内での経済循環を目指して設立したユニークな協同組合です。我が社から一番近いペレット工場がここになります。

ペレットの製造を見学

3月6日にマダガスカルからの研修員の方たちを伴って、岐阜県内、西濃地域の木質ペレット製造現場の見学に出かけました。

木質ペレットは、ペレットストーブやボイラーなどの原料として使うことができる、クリーンなエネルギーで、日本では間伐材や、廃材、おが屑などから作られているようです。この日訪問したのは大垣市かみいしづ緑の村公園の小型の施設と、揖斐郡にあるいび森林資源活用センター協同組合の2ヶ所でした。

かみいしづみどりの村公園のペレタイザーは、榎本ビーエーという岐阜県各務原市の航空機部品メーカーが開発した小型の装置です。

かみいしずみどりの森のペレタイザー

写真左側の丸い部分がある装置がペレタイザー、左側は木材のチップを細かく砕き、乾燥させる装置です。

かみいしづみどりの村公園では、大垣市の援助を受けて近隣の森林所有者から年間契約で間伐材を購入し、できたペレットは基本的に大垣市の施設で利用しているそうです。ペレットの一般向け販売は行っておらず、装置は比較的小型です。

一方午後に訪問した、いび森林資源活用センター協同組合の装置は大型です。

いび森林資源活用センター協同組合のペレタイザー

こちらは、いび森林資源活用センター協同組合の構成員に地元の森林組合が入っていることもあり、商業ベースでのペレット生産を行っています。

ただし、ペレット生産にこんな巨大な装置が必要かと思ったらそうではありませんでした。この筒の部分は乾燥装置。かみいしづみどりの村公園では事前に間伐材を割って屋外である程度乾燥させていますが、揖斐の場合は、持ち込まれた生の材を破砕、それをすぐ乾燥機にかけるし、量も多いので、どうしても乾燥機が大きくなり、乾燥のための燃料も馬鹿にならないとのこと。乾燥にかかるコストが、木質ペレットの一番の価格決定要因だとか。

ちなみにペレタイザーは一番左の緑色の装置。実際にペレットを作る部分は、比較的シンプルな金属でできた、小さな部品です。

ペレットに関しては、ペレットストーブのサイトに今後記事をまとめて行く予定です。

間伐材を使ったスギ無垢床タイルを事務所に敷きました

割箸ファンドの紹介でも書いた、共有の森ファンドを運営する株式会社西粟倉から出資者割引でスギ無垢床タイルを購入し、移転したばかりの事務所執務室の床に敷き詰めました。

スギ無垢床タイル

ペレットストーブと合わせてとってもウッディーな感じ。木の香りもしてお勧めです。間伐材の利用ですから、環境にも優しく日本の森を守る役にも立ちます。

実は設置も超簡単。50センチ四方のタイルを床に敷き詰めて行くだけ。特別な工事は不要、素人でもできます。

間伐材を使った割り箸が届く

下の写真は僕が出資した森林再生ファンドの出資者へ送られてきたもの。日本の森林で間伐された、いわゆる間伐材を使って作っているものです。

間伐材の割り箸

エコに興味のある人の中には割り箸を使わず、マイ箸を持ち歩く人もいますが、僕はそれに賛成していません。むしろ、再生可能な資源である木材の有効利用を考え、健全な森林を育成するためには、割り箸などの森林生産物を大いに利用すべきだと考えます。

もちろん日本への割り箸輸出が、発展途上国やシベリアなどで森林に過剰な負荷をかける恐れがないわけではありません。でもだからと言って「割り箸はエコではない」と考えるのは間違い。「どこでどのように作られた割り箸か」を問わないといけないだけのことです。

現在ほとんど商品価値がなく、日本の森林に放置される小径木。日本の森林の守り手が生活できなくては、日本の森林は悪化の一途です。戦後に浮かれて拡大造林に走った林業関係者にも責任はあると思います。しかし、だからと言って、日本の森林を現状のまま放置するのが良いはずはありません。

もちろん我が家で日常的に割り箸を使っているわけではありませんが、お弁当を持って行く時や、来客の時などに、いただいた割り箸を活用させていただこうと思っています。

板取の生活が教えるもの

週末にお気に入りの岐阜県関市板取地区の民宿「山の宿ひおき」に出かけました。

ひおきで出される食べ物は、ほとんどが地元産。コメも自分のところの田んぼで作ったもの、鮎はご主人が川で釣ったもの、肉は地元の猟師さんがとったイノシシ、野菜の多くは自分の畑、山菜も自分の山か周囲で採れたものを買ったもの。味噌は自家製手みそ。水は山の湧き水。

おやつに出たのは自分の山の栗を煮た栗の渋皮煮。ヨモギを摘んできたら、即座にヨモギ餅を作ってくれました。このサービスも凄いですが、ヨモギを下処理してすぐに餅にしてしまうノウハウの伝承。

民宿の建物は新しいですが、冷房はなしで暖房は薪ストーブ。山ですから薪には困りません。大きな食卓は今の建物を作る時に取り壊した建物の100年前の梁を再生したもの。

食卓に上るのは10種類以上の野菜、山菜。豪華なものはありませんが、非常に豊かです。

でもそうした板取のような地域の多くは過疎に悩んでいます。もったいないですねえ。多くの人たちがこんな生活ができれば原発なんてまず要らないはず。

木の香るオフィス家具も欲しいぞ

無垢材のタイル、ユカハリをいいなあ、と思って見ていたら、同じサイトで紹介があったのが木の香るオフィス家具。今使っているオフィスが手狭になってきたので物件を探しているのですが、こんな無垢材を使ったオフィスは素敵ですねえ。いくらかかるんだろ?DIYは気にならないけど、震災の後仕事も減っているから、金額は気になりますね。

後このサイトの写真では写っていないけど、無垢材をはった床のオフィスでは皆さん靴を脱いでいるのかな?それとも靴のままなのかな?気になりますね。

西粟倉の無垢床タイルは結構欲しいぞ

林業関係のファンドで投資している西粟倉から、ヒノキやスギを使った無垢床タイルというのが発売になりました。その名もユカハリ、50cm×50cmの無垢板を使ったタイルです。無垢材の床は憧れなので、かなり欲しい…。ファンドのオーナーには5%の割引があるそうだし。

ただマンションの住人としては、階下への防音効果とか、元からある床との接着の問題とか、もう少し説明が欲しいところかな。

作っているのは西粟倉のニシアワ―製造所。初めて見てみましたが、ユカハリ意外にも面白い製品がいっぱい。すぐに買う、と言うよりは、ちょっとここ訪問したくなりましたね。次回アジアのフォレスター達向けの研修を受託する機会があったら、ぜひここを組み込んでみようかな。

森林を育てるファンドに投資しました

西粟倉村共有の森ファンド2010という、森林を育てるファンドに投資しました。僕はもともと林業を勉強しましたから、やはり日本の森林の再生には興味があります。持続的に森林を維持して行くためには、ボランティアベースではなく、ビジネスとしての持続性も必要。それならば、ファンドという形はうってつけではないかと思います。

このファンドを募集しているミュージックセキュリティーズという会社、元々は新人ミュージシャンを売りだすためのファンドを作っていたようですが、現在はカンボジアのマイクロファイナンスとかまで、結構社会派のファンドも作っていて興味をひきます。

もちろんカンボジアのマイクロファイナンスにも投資しました。