家庭用太陽光発電は儲かる?儲からない?

結論から言えば、家庭用太陽光発電は今設置しても割に合う、と思います。

この記事を書いているのは2022年の5月。実は私の会社の社屋、と言っても古い民家なのですが、屋根に太陽光発電用のパネルを付けることになりました。

ご存じの方も多いでしょうけれども、太陽光で発電した電力の買取価格は右肩下がり。「もう、ソーラーパネルを付けても利益にならない」という声も聞こえてきます。情報をネットで検索すると、見易いグラフを見つけたので引用させていただきます。

出典:https://www.solar-partners.jp/category/feed-in-tariff#back

これを見ると、一般家庭レベルと思われる10kw未満の買取価格は、2014年度が37円だったのに対し、2022年は半額以下の17円。これでは確かに余剰電力を販売しての「売上」が減少しているのは間違いありません。

一方、電気料金の推移をみると、ここ5年間でずいぶん上がってきています。温暖化対策や、ロシアのウクライナ侵攻などで燃料価格(発電コスト)はさらなる上昇が見込まれます。円安も追い打ちをかけていますし、ここ当面、電気代が下がるということはまずありえない状況です。

家庭の場合、太陽光パネルで発電した電力は家庭で消費し、余剰を販売することが一般的だと思いますから、自家消費による節約分も大きくなってきています。つまり売電価格は下がっても、買電価格は上がっている、ということですね。

では、太陽光発電をするための設備のための費用はどのように変化しているか、です。

出典:https://evdays.tepco.co.jp/entry/2022/02/01/kurashi7

このグラフは以下のサイトからの引用です。

太陽光発電システムの設置費用は、無論、発電規模にもよるのですが、上のグラフでは2012年に46.5万円/kwだったものが、2021年には28.8万円/kwまで下がっています。

つまり、売電価格は下がっているけれども、電気代は上がり(節約分は増え)、設備費は大幅に下がっているわけです。売電価格が半額以下になっていますから、入ってくる金額は相対的に減少していますが、節約分と設備投資も大幅に大きくなっていますから、今でも利益は十分に出せると考えられます。

しかも、初期投資に必要な額は大幅に下がっているわけですから、今の方が太陽光パネルは設置しやすいのです。

フランスで服の廃棄を禁止

https://toyokeizai.net/articles/-/502810

2022年1月15日付東洋経済の記事によると、フランスでは売れ残った衣類の廃棄を禁止する法律が施行されたとか。この法律では、商店は、売れ残った衣類は寄付するか、リサイクルするかしなければならず、衣類の大量廃棄に歯止めをかけるためのもの。

これは必要な法律でしょうね。廃棄する分のコストも織り込んで生産し、店頭に並べるというビジネスモデルは、少なくともフランスではもう通用しないということ。

ただ地続きで経済的に統合されている他のEU諸国へ売れ残りそうな衣類を持ち出してしまうのをどう防ぐの?という疑問はありますが、そのうち他のEU諸国も追随するでしょうね。

このような法律は日本でも作ってほしい。

竹紙コップを鹿児島で開発

毎日新聞の記事によると、鹿児島で竹の繊維を使った紙で、コップを作ったとか。紙製のコップは今でも普通にあるけど、最近手入れされていなくて増え放題になっている竹を使うところが新しい。ちなみに鹿児島は竹林の面積が日本一だとか。知らなかった。

最近ウォーキング・ハイキングをよくしますが、確かに手入れされていない竹林はあちらこちらで見かけます。

竹林
竹林

こうした竹林の竹が有効活用できれば言うことはないですが、でも、技術的に可能であることと、普及するかどうかは別ですからねえ。コスト的に紙コップに勝負できるとは思えないので、やはり各地域で「地域の竹を使ったコップです」というのを売りにする、販売ルート、つまり川下から作り上げないと、というのが感想。

ちなみに竹紙コップを開発した協業組合ユニカラーというところは、竹紙のストローも作っています。ストローの方が需要が大きいかも。大手の飲食チェーンに売り込むことができたら、一発で商売になる気がします。

暑さ対策は日光を遮るのが第一

昨年会社が中古の建物を購入し、移転しました。事務所は2階にあるのですが、東側西側に遮るものがなく、朝と夕方に光が差し込みます。朝夕は太陽の位置が低いですから、事務所の奥まで光が届きます。6月は日の出も早く、8時過ぎに事務所に入ると既に気温がかなり高くなってしまっていました。夕方は夕方で西日が暑く、厚めのカーテンを閉めていてもカーテンが熱を持ってしまいます。つまりは部屋の気温が上がるということ。
ところが、窓の外を見てみると、ちゃんと雨戸が付いているではないですか。最近の家は雨戸がないところも多いですし、中古住宅を購入したもので自分でデザインの管理をしたわけでもないので、雨戸があることに気が付いていなかったのです。そこで雨戸を閉めてみると、全然違う!事務所スペースには断熱を考えて内窓を付けてあります。雨戸を閉めると、光が窓の外で遮られ、雨戸が熱を持っても、その熱が室内に入って来ずにうまい具合です。
光を遮る、しかも窓の外側で遮るのが、夏の暑さ対策の第一歩であることは間違いがないようです。

内窓で防寒と結露防止

我が家はマンションの9階。特に北側の部屋の窓は冬の結露がひどく、また窓から冷気が降りてきて床まで冷え切ってしまう状況。窓は二重ガラスなのですが、アルミサッシ。アルミは熱伝導率が高いので、アルミサッシは外からの冷気を伝えやすく、二重ガラスであってもほとんど効果はありませんでした。

そこで内窓を入れてもらうことにしました。内窓は樹脂サッシ。熱伝導率がはるかに低い物質です。

5か所の窓とドアにつけてもらいましたが、工事は一日で終了。

内窓

内側の白いサッシの部分が取り付けた内窓です。結露防止になるほか、冷気も遮断してくれますから、暖房費も少なくて済むはず。

自然にカエルがからからに

以前から何度か利用について書いている手動式生ゴミ処理機の自然にカエル。冬の間あまり分解が進まないのでそのまま放置してありましたが、その結果、中身が乾燥してからからになってしまいました。ハンドルを回すとほこりが舞うくらい。

その状態で、焼き魚の頭などを投入して見たら、余分な水分を吸い取ってくれて、ほとんど魚臭さを発することもなく、魚は鰹節状態?!に。腐敗の気配はありません。

これまで「生ゴミ」の言葉通り、野菜くずなどの水分を含んだゴミも投入していましたが、水分が多いと腐敗しかけたり、だま?になったりして問題が多く発生。堆肥と作りのような感覚で、湿っていないといけないと思い込んでいましたが、むしろ少し乾燥気味で使う方が良いようです。

水分が多い野菜は投入を避けるか、少し乾燥させてから入れるか。あるいは投入する量を少なめにするか。

いずれにしろ、我が家から出る生ゴミの量をすべてそのまま処理させるには無理がありますね。選択的にならないと。

いび森林資源活用センター協同組合でペレットを購入

私の会社では暖房にペレットストーブを使っています。間伐材やおが屑を原料に作る木質のペレットを燃料に使うストーブで、環境に優しく、また木を燃やす火が暖かいのが特徴です。

取り扱いも、薪ストーブとは違い、意外と簡単なのですが、問題はペレットがその辺りで売られていないこと。通販がないわけではないですが、一袋が10キロとかありますから、送料がかなり高くついてしまいます。ペレットそのものの値段は、カロリーあたりだと灯油より少し安いくらいなのですが、送料をかけると割高になってしまいます。

そこで、冬が来る前に、木質ペレットを作っている工場まで出かけて直接購入。50袋あると、一冬もちます。一袋10キロですから500キロ。

木質ペレット

我が社が買いに行くのは「いび森林資源活用センター協同組合」。岐阜県の揖斐川上流部にある町、揖斐町にある工場です。町内の企業や森林組合が資金を出し合い、町内の間伐振興と域内での経済循環を目指して設立したユニークな協同組合です。我が社から一番近いペレット工場がここになります。

AQUSH ecoエネルギーファンド

このブログでは、主に自分たちで行う「エコ」について掲載していますが、最近、新エネルギーの拡大に投資するファンドなどが増えてきています。例えばこちらでも紹介しているAQUSHのecoエネルギーファンド

一人分ずつでは少額の市民の資金を集めて、新エネルギーの開発や普及を行う事業へ投資しようと言うもの。これを書いている現在、まだecoエネルギーファンドへの出資の募集は始まっていませんが、楽しみです。

大きな理由は、我が家のようなマンションで例えばリプソーラーミニのような太陽光発電を導入しても、装置代の元を取るだけのことはなかなかできないからです。発電量もしれていますし、小さな太陽光パネルを、設置条件の悪いマンションのベランダに置いているだけですから、投資額に対するエネルギー供給の効率は、決して良いとは言えません。

事業ベースで新エネルギーを導入する場合は、もっと高効率な方法や設置を行うはずですから、同じ10万円を自宅マンションの太陽光パネルに投資するよりも、もっと大規模な設備の一部として使って貰う方が、世間の役にも立つというものでしょう。

ちなみに我が家では既にミュージックセキュリティーズが募集したセキュリテエナジーファンドにも僅かながら出資しました。

もちろん、我が家のベランダ発電には、災害時の非常用にも使えるという利点がありますから、これはこれで必要だとは思いますが。

思い出のTシャツをクッションカバーにリフォーム

cushion娘がとっても気に入っているけどTシャツとしては着られなくなったので、クッションにしてほしいと頼んできました。もう二十歳を過ぎているのだから、自分で作れば良さそうなのですが、寮暮らしでミシンもないので、親ばかですが、作ってやりました。袖や首、裾などに一切鋏を入れずに折り込みました。

たいそう気に入ったそうで私もうれしいです。

他にも捨てる前にきれいなボタンやリボン、かわいい柄の部分などを取っておいて、子供が小さいときは涎掛けやスモックなどにアップリケをしていました。

衣類のリサイクル、リフォームのヒントが下記のホームページに載っています。参考にしてください。

衣類のリサイクル

食品トレーで手作り園芸ラベル 

ちょっとした思いつきで、食品トレーで園芸ラベルを作りました。適当な形にカットして、油性ペンで名前を書いただけです。
名札

プランターや庭で野菜や草花を育てていますが、名札を使っていないので、しばらくすると、どこに何を蒔いたか忘れてしまいます。名札を立てればいいとわかってはいましたが、買ってくるのも面倒だし、もともと節約と楽しみのために育てているので、大した金額でなくても買うのは嫌でそのままにしていました。

種の袋をそのまま隅に埋め込んだりもしていました。これは時々袋の裏に書いてある育て方を見るには都合のいい方法ですが、風に吹き飛ばされたり、雨で傷んだりしていつまでも使えるものでもありませんでした。

春になっていよいよ種まきシーズンになったので、あれこれ思案しているうちに思いついてよかったです。

市販の名札は形がさまざま、今度は違った形にカットしてみます。