いび森林資源活用センター協同組合でペレットを購入

私の会社では暖房にペレットストーブを使っています。間伐材やおが屑を原料に作る木質のペレットを燃料に使うストーブで、環境に優しく、また木を燃やす火が暖かいのが特徴です。

取り扱いも、薪ストーブとは違い、意外と簡単なのですが、問題はペレットがその辺りで売られていないこと。通販がないわけではないですが、一袋が10キロとかありますから、送料がかなり高くついてしまいます。ペレットそのものの値段は、カロリーあたりだと灯油より少し安いくらいなのですが、送料をかけると割高になってしまいます。

そこで、冬が来る前に、木質ペレットを作っている工場まで出かけて直接購入。50袋あると、一冬もちます。一袋10キロですから500キロ。

木質ペレット

我が社が買いに行くのは「いび森林資源活用センター協同組合」。岐阜県の揖斐川上流部にある町、揖斐町にある工場です。町内の企業や森林組合が資金を出し合い、町内の間伐振興と域内での経済循環を目指して設立したユニークな協同組合です。我が社から一番近いペレット工場がここになります。

ペレットの製造を見学

3月6日にマダガスカルからの研修員の方たちを伴って、岐阜県内、西濃地域の木質ペレット製造現場の見学に出かけました。

木質ペレットは、ペレットストーブやボイラーなどの原料として使うことができる、クリーンなエネルギーで、日本では間伐材や、廃材、おが屑などから作られているようです。この日訪問したのは大垣市かみいしづ緑の村公園の小型の施設と、揖斐郡にあるいび森林資源活用センター協同組合の2ヶ所でした。

かみいしづみどりの村公園のペレタイザーは、榎本ビーエーという岐阜県各務原市の航空機部品メーカーが開発した小型の装置です。

かみいしずみどりの森のペレタイザー

写真左側の丸い部分がある装置がペレタイザー、左側は木材のチップを細かく砕き、乾燥させる装置です。

かみいしづみどりの村公園では、大垣市の援助を受けて近隣の森林所有者から年間契約で間伐材を購入し、できたペレットは基本的に大垣市の施設で利用しているそうです。ペレットの一般向け販売は行っておらず、装置は比較的小型です。

一方午後に訪問した、いび森林資源活用センター協同組合の装置は大型です。

いび森林資源活用センター協同組合のペレタイザー

こちらは、いび森林資源活用センター協同組合の構成員に地元の森林組合が入っていることもあり、商業ベースでのペレット生産を行っています。

ただし、ペレット生産にこんな巨大な装置が必要かと思ったらそうではありませんでした。この筒の部分は乾燥装置。かみいしづみどりの村公園では事前に間伐材を割って屋外である程度乾燥させていますが、揖斐の場合は、持ち込まれた生の材を破砕、それをすぐ乾燥機にかけるし、量も多いので、どうしても乾燥機が大きくなり、乾燥のための燃料も馬鹿にならないとのこと。乾燥にかかるコストが、木質ペレットの一番の価格決定要因だとか。

ちなみにペレタイザーは一番左の緑色の装置。実際にペレットを作る部分は、比較的シンプルな金属でできた、小さな部品です。

ペレットに関しては、ペレットストーブのサイトに今後記事をまとめて行く予定です。

再生可能エネルギーの全量買い取り制度開始

太陽光発電などの再生可能エネルギーの全量買い取り制度が始まりました。我が家のようなマンションでは個別に電力会社に買い取ってもらえるほどの出力の太陽光発電パネルは設置できないのでちょっと残念。マンション全体で太陽光発電に取り組む、という手段もあるようですが、初期費用が結構かかるし、合意を得るのは難しいでしょう。

再生可能エネルギーを買い取った分のコストは、電気代に転嫁されるそうですが、僕はこれには賛成。少しくらいみんなで負担しなければ、安心安全なエネルギー源の確保が発展することは難しいと思うから。

我が家では子どもたちが使っているiPadの充電を、足踏み式の発電機からに限るというルールを作ったけど、子どもたちは結構嬉しそうにペダルをこいでいます。よしよし。本当はパパのダイエットにも使える、ということで導入したんだけど。

お掃除ロボットLAQULITOを太陽光発電で充電

お掃除ロボットLAQULITO 以前愛用していたお掃除ロボットのルンバちゃん。長年の労働のお疲れでプラスチック部品が劣化し、バッテリーも寿命となり、あきらめることになりました。代わりに新しいルンバを購入しようかとも思っていたのですが、やはり5万円以上の買い物となると、簡単には行かず、ズルズルと先延ばしに。

そんなある日見つけたのがお掃除ロボットのLAQULITOというもの。アマゾンでを見ればわかりますが、1万円以下で、ユーザーの平均評価が星五つ。つまり満点。中国製なのはいまどき当然として、メーカーはCCPといいます。一体どんな会社?と思って調べてみると、どうやらバンダイの子会社でおもちゃなどを作っている企業のようです。なるほど、おもちゃからのアプローチですか。

ルンバちゃんより機能は劣りますが、この値段なら試してみる価値はあろうと早速注文。届いたものを見ると、ご覧のように見かけはとってもキュート。さすがおもちゃメーカー。ルンバよりもかなりコンパクトで、椅子の足の間とかの掃除にはルンバ以上に活躍しそう。重さもルンバの半分、と言ったところでしょうか。

バッテリーがかなり小さいですから。 「このサイズなら」と思って試してみたのが、何度も書いているリプソーラーミニという太陽光発電システム。蓄電容量が大きくありませんが、コンパクトなLAQULITOちゃんならフル充電まで行けるかな、と思って試してみたのですが…結果、駄目でした。

リプソーラーの仕組みは、一度バッテリーにためた電気を車の電源と同じ12ボルトで出力し、それを家庭用の電気機器で使用するためにインバーターを通して交流100ボルトに変換します。このプロセスで無駄が多く発生するらしく、バッテリーの電圧が少しでも下がると、インバーターが警告音を発して使用できなくなってしまうのです。 LAQULITOの充電にはACアダプターを介して直流電流を使うようですから、かなり無駄が多いわけです。12ボルト直流で直接LAQULITOを充電できるような仕組みであれば、多分、フル充電まで行けるように思うのですが。

以下はLAQUILITOの動作の模様の撮影です。Youtubeサイトはこちら。

生ごみを堆肥化 自然にカエル

安全でおいしいものを食べていても、後始末ができていなければ地球環境には悪いままですから独りよがりに終わってしまいます。そこで考えたいのが生ゴミのリサイクル。私のところは幸い実家で家庭菜園をやっていますので、そこで使ってもらおうと、生ゴミの堆肥化コンポスト化)を考えました。

生ゴミを処理する道具を探そうとインターネットで検索してみたら、いろいろ出てきます。そして初めて知ったのですが、生ゴミ処理機と呼ばれている機械にも2種類がありました。

一つは生ゴミ乾燥機で、これは主に電力を使って生ゴミを乾燥させ、体積を小さくするものです。でもこのままでは処理した生ゴミは、ただの乾いたゴミですから、堆肥にはなりません。乾いたゴミはそのまま「燃えるゴミ」として出すか、あるいはさらにどこかで堆肥化しなければなりません。生ゴミ乾燥機はどちらかと言えば、マンションなどで生ゴミの置き場に困る場合に使う道具のようです。家電メーカーから発売されていて、値段も結構します。

もう一つの生ゴミ処理機のタイプは探していたもの、微生物を使って生ゴミを分解する装置です。有機物を分解しますから、できるのは堆肥か、それに近い状態のものになります。生ゴミを堆肥化する処理機にも、やはり電動のものもあります。電力は酸素を満遍なく送り込むための攪拌や、微生物が働くための温度管理などに使われるようです。でも、せっかくエコにこだわるのであれば、人力を使った生ゴミ処理機が良かろうと、手でハンドルを回して攪拌するタイプの生ゴミ処理機を購入しました。

自然にカエル

生ゴミ処理機を屋外に置くと、においがしなくて良い反面、速やかに生ゴミを放り込むことができません。そこで少々小型かもしれませんが、屋内に置くタイプを探しました。

見つけたのはその名も「自然にカエル」という生ゴミ処理機です。本体は2万円台、微生物の付いたチップは8ヶ月ごとに交換ですが、その値段が6千円台です。ゴミを処理する値段としては決して安くはないかもしれませんが、これくらいのコストは今の時代、ゴミを出している自分たちで負担すべきでしょう。

この生ゴミ処理機で処理できる生ゴミの量は、1日に三角コーナー1杯分。我が家の野菜屑や多少の食べ残しは多くてちょうどこれくらいの量です。ただ微生物にあまり負荷をかけないように、タマネギなどの刺激の強いもの、食べ残しのバナナなど腐敗しやすいもの、トウモロコシの芯など固いもの、スイカやトマトの実など水分が多いものの投入は控えています。自然にカエルはこちら

パセリの収穫

我が家はマンションなので、本格的にプランターを置いたり、庭の土を利用することはできませんが、鉢を使って若干のハーブなどを作っています。その一つがパセリ。去年はキアゲハの幼虫に食べられたりもしましたが、冬を越し、最近少し気温が上がってきたらぐんぐん育ち始めました。

早速つまんでスープに入れたりして楽しんでいます。

我が家のパセリ

実は僕は畑地も小さいだけど持っていて、それは実家に隣接しているので、父が耕してくれています。

最近、生産手段を持っている人の強さをつくづく感じているので、その内に会社としても、少しずつ農業生産にかかわりたいなあ、と考えています。

太陽光発電システムの「自立運転」とLED常夜灯

太陽光発電システムには停電時でも家電製品が使える「自立運転」機能があるそうな。ツイッターで見かけた情報だけど、自立運転に切り替えないと、自分のところの太陽光発電システムから自分のところの家電品に直接電力を供給できないとは知らなかった。

もっとも我が家は集合住宅(マンション)なので太陽光発電はできず、太陽光を使っているのはベランダに設置した太陽光発電を使ったLED常夜灯一つだけだけど。もう少し太陽電池パネルと発光部が分かれたタイプなら、室内の常夜灯としても使えるかも。検討しよう。

なお、LED常夜灯は、夜間空き巣に入られた実家でも導入しています。夜になると勝手に点灯してくれるし。その他のお宅でも好評なようで意外にお勧め。

使用済みの不織布お手拭きを保存

いちのみや大学で学んだベジボトル。使用済みのペットボトルを使って植物や野菜を育てるものですが、パーツとして勧められたのが不織布。せっかくだから不織布もゴミをリサイクルできたら、と考えたのがレストランなどで出されるお手拭き。これを水洗いして使えばOK。というわけで、お手拭きを持ちかえることに。

ちなみに下の写真でストローの中に入れられているのが不織布。ボトルの中の水分を調整する役割を持つようです。

>ベジボトル