ペレットの製造を見学

3月6日にマダガスカルからの研修員の方たちを伴って、岐阜県内、西濃地域の木質ペレット製造現場の見学に出かけました。

木質ペレットは、ペレットストーブやボイラーなどの原料として使うことができる、クリーンなエネルギーで、日本では間伐材や、廃材、おが屑などから作られているようです。この日訪問したのは大垣市かみいしづ緑の村公園の小型の施設と、揖斐郡にあるいび森林資源活用センター協同組合の2ヶ所でした。

かみいしづみどりの村公園のペレタイザーは、榎本ビーエーという岐阜県各務原市の航空機部品メーカーが開発した小型の装置です。

かみいしずみどりの森のペレタイザー

写真左側の丸い部分がある装置がペレタイザー、左側は木材のチップを細かく砕き、乾燥させる装置です。

かみいしづみどりの村公園では、大垣市の援助を受けて近隣の森林所有者から年間契約で間伐材を購入し、できたペレットは基本的に大垣市の施設で利用しているそうです。ペレットの一般向け販売は行っておらず、装置は比較的小型です。

一方午後に訪問した、いび森林資源活用センター協同組合の装置は大型です。

いび森林資源活用センター協同組合のペレタイザー

こちらは、いび森林資源活用センター協同組合の構成員に地元の森林組合が入っていることもあり、商業ベースでのペレット生産を行っています。

ただし、ペレット生産にこんな巨大な装置が必要かと思ったらそうではありませんでした。この筒の部分は乾燥装置。かみいしづみどりの村公園では事前に間伐材を割って屋外である程度乾燥させていますが、揖斐の場合は、持ち込まれた生の材を破砕、それをすぐ乾燥機にかけるし、量も多いので、どうしても乾燥機が大きくなり、乾燥のための燃料も馬鹿にならないとのこと。乾燥にかかるコストが、木質ペレットの一番の価格決定要因だとか。

ちなみにペレタイザーは一番左の緑色の装置。実際にペレットを作る部分は、比較的シンプルな金属でできた、小さな部品です。

ペレットに関しては、ペレットストーブのサイトに今後記事をまとめて行く予定です。

再生可能エネルギーの全量買い取り制度開始

太陽光発電などの再生可能エネルギーの全量買い取り制度が始まりました。我が家のようなマンションでは個別に電力会社に買い取ってもらえるほどの出力の太陽光発電パネルは設置できないのでちょっと残念。マンション全体で太陽光発電に取り組む、という手段もあるようですが、初期費用が結構かかるし、合意を得るのは難しいでしょう。

再生可能エネルギーを買い取った分のコストは、電気代に転嫁されるそうですが、僕はこれには賛成。少しくらいみんなで負担しなければ、安心安全なエネルギー源の確保が発展することは難しいと思うから。

我が家では子どもたちが使っているiPadの充電を、足踏み式の発電機からに限るというルールを作ったけど、子どもたちは結構嬉しそうにペダルをこいでいます。よしよし。本当はパパのダイエットにも使える、ということで導入したんだけど。

間伐材を使った割り箸が届く

下の写真は僕が出資した森林再生ファンドの出資者へ送られてきたもの。日本の森林で間伐された、いわゆる間伐材を使って作っているものです。

間伐材の割り箸

エコに興味のある人の中には割り箸を使わず、マイ箸を持ち歩く人もいますが、僕はそれに賛成していません。むしろ、再生可能な資源である木材の有効利用を考え、健全な森林を育成するためには、割り箸などの森林生産物を大いに利用すべきだと考えます。

もちろん日本への割り箸輸出が、発展途上国やシベリアなどで森林に過剰な負荷をかける恐れがないわけではありません。でもだからと言って「割り箸はエコではない」と考えるのは間違い。「どこでどのように作られた割り箸か」を問わないといけないだけのことです。

現在ほとんど商品価値がなく、日本の森林に放置される小径木。日本の森林の守り手が生活できなくては、日本の森林は悪化の一途です。戦後に浮かれて拡大造林に走った林業関係者にも責任はあると思います。しかし、だからと言って、日本の森林を現状のまま放置するのが良いはずはありません。

もちろん我が家で日常的に割り箸を使っているわけではありませんが、お弁当を持って行く時や、来客の時などに、いただいた割り箸を活用させていただこうと思っています。

えこふぁーむ放牧豚ファンドへ投資 ハムが貰えるかな

こちらのブログでも紹介したえこふぁーむ放牧豚ファンドに申し込みをしました。

このファンドは有限会社えこふぁーむが実施する事業に投資するものですが、鹿児島県肝属郡で地域の耕作放棄地を利用して豚を放牧し、その後畑に戻したり、植林をしたりする、という事業です。循環型農業と呼んでいるようですが。

ここでは生産したブタを肉として販売するのみならず、生ハムや燻製、ソーセージなどの加工品として通販もするようです。

ファンドへの出資者には、配当金の他にハムなどの製品がプレゼントされます。これもまた大きな魅力ですね。

鹿児島県ではおいそれと見学にはいけませんが、このような取り組みには興味がありますので、積極的に応援したいと思っています。

愛西市のカラートマトは近場で面白そう

JICAが招待するアフリカからの研修員の見学先として、愛西市のマルサトマト組合カラートマト部会は面白そう。トマト部会そのもののホームページはないようだけど、カラートマトの関連記事を愛知県農業共済組合のホームページで見つけたので、メモしておこう。

問い合わせ=JAあいち海部北部営農センター園芸指導課TEL0567―23―3011

森林を育てるファンドに投資しました

西粟倉村共有の森ファンド2010という、森林を育てるファンドに投資しました。僕はもともと林業を勉強しましたから、やはり日本の森林の再生には興味があります。持続的に森林を維持して行くためには、ボランティアベースではなく、ビジネスとしての持続性も必要。それならば、ファンドという形はうってつけではないかと思います。

このファンドを募集しているミュージックセキュリティーズという会社、元々は新人ミュージシャンを売りだすためのファンドを作っていたようですが、現在はカンボジアのマイクロファイナンスとかまで、結構社会派のファンドも作っていて興味をひきます。

もちろんカンボジアのマイクロファイナンスにも投資しました。