リプソーラーミニのバッテリー交換

リプソーラーミニのバッテリーを自分で交換しました。

リプソーラーミニのバッテリー

バッテリーの写真の色がちょっと黄色っぽくなっていますが、これは夜室内の明かりの下で作業をしたため。

オリジナルの韓国製のバッテリーは12Vで18Ahでしたが、今回入れたものは若干容量が大きく、12Vで20Ahのもの。まあ、大差はないはず。メーカーは異なりますが、大きさの規格は同じですから、リプソーラーミニにぴったりとおさまりました。

大変だったのは、リプソーラーをとめているネジを全部はずし、バッテリーのネジを外すこと。結構な力仕事になりました。作業自体は単純で、誰にでもできるのですが。バッテリーのネジを外すときには、作業スペースが小さいので、小型のレンチがあるとよいです。

リプソーラーミニ用のバッテリー

太陽光発電システムのリプソーラーミニ。どうもバッテリーが寿命になったようなのですが、前回書いたようにバッテリー交換費用は一台につき18000円と言われました。我が家には2台ありますから36000円。さらに結構重いですから、送料もかかります。

そこで、自分でバッテリーを交換できるものかどうか中を開けてみてみました。

リプソーラーミニのバッテリー

ケースのネジをドライバーで外します。ちょっと固いですがしっかりしたネジが使われており、比較的簡単に外すことができました。

中に入っているバッテリーは韓国製(ちなみにリプソーラーミニ自体も韓国製のようです)。まったく同じ型番のものは日本で売られているかどうかわかりませんでしたが、12ボルトで18アンペアの汎用的なバッテリーのようです。

調べてみると、同じサイズの他メーカーのバッテリーは数多く売られており、バイクや電動自転車、UPSなどで一般的に使われているようです。さらに、アマゾンの商品コメントには、「太陽電池システムに使っています」という記述もちらほら。

値段は一台4千円弱から。修理代の18000円とはずいぶん開きがありますから、ダメもとで自分で交換を試みることにし、アマゾンで注文しました。さて、リプソーラーミニのバッテリー交換、うまくいくといいですね。

リプソーラーミニのバッテリー交換

もう何年も使用しているリプソーラーミニ。最近出力低下がはなはだしく、スマホも十分に充電できません。どうやらバッテリー(蓄電池)の寿命が来たようです。ネットで調べてみると、だいたい寿命は2、3年とのこと。

でも、リプソーラーミニのバッテリー交換方法は書いてありません。そこで製造元の株式会社リプラスのサイトから問い合わせを行ってみました。

バッテリー交換には株式会社リプラスまでリプソーラーミニを送る必要があるとのこと。バッテリー交換代金はリプソーラーミニ1台につき18000円だそうです。

ちょっと高いですが、バッテリー交換をお願いしようと思います。

ちなみにリプソーラーミニの送り先は以下。

株式会社リプラス
〒920-0211
金沢市湊2-120-15
TEL076-214-8471

バッテリー交換をしたい方はこちらへどうぞ。

シャープが太陽光発電システムからも充電できるリチウム電池「JH‐AB03」を発売

シャープは太陽光発電システムからも充電できるポータブルリチウムイオン二次電池「JH-AB03」を9月6日に発売するそうです。この充電池は、家庭用電源から充電できる他、太陽光発電の自立運転コンセントにつなげば充電が可能。

自立運転コンセントというのは、太陽光発電システムから直接電源を供給できるコンセントで、日中太陽光パネルが発電している時のみ使用が可能なコンセントのことです。

我が家はベランダに置いたリプソーラーミニしかありませんから、容量の大きな蓄電池が欲しいとは思っていますが、リプソーラーミニは基本的に蓄電池ですから、蓄電池の電気を取り出して他の電池を充電する、というのもあまり意味はなさそうですね。

しかも JH-AB03 は30万円以上するみたいですから、興味はありますが、パスですね。

[browsershot url=”http://www.sharp.co.jp/corporate/news/120809-a.html” width=”400″]

再生可能エネルギーの全量買い取り制度開始

太陽光発電などの再生可能エネルギーの全量買い取り制度が始まりました。我が家のようなマンションでは個別に電力会社に買い取ってもらえるほどの出力の太陽光発電パネルは設置できないのでちょっと残念。マンション全体で太陽光発電に取り組む、という手段もあるようですが、初期費用が結構かかるし、合意を得るのは難しいでしょう。

再生可能エネルギーを買い取った分のコストは、電気代に転嫁されるそうですが、僕はこれには賛成。少しくらいみんなで負担しなければ、安心安全なエネルギー源の確保が発展することは難しいと思うから。

我が家では子どもたちが使っているiPadの充電を、足踏み式の発電機からに限るというルールを作ったけど、子どもたちは結構嬉しそうにペダルをこいでいます。よしよし。本当はパパのダイエットにも使える、ということで導入したんだけど。

我が家のリプソーラーミニをNHKが取材したい?!

我が家のベランダに設置した太陽光発電システム、リプソーラーミニ。元々はNHKの番組で見て導入を決めたのですが、今年の4月、NHKの朝の番組のディレクターから連絡があり、「お宅のリプソーラーミニを取材したい」という申し込みがありました。

残念ながら当時僕はマダガスカル出張中で対応ができず、取材はお断りしましたが、このブログでリプソーラーミニのことや、マンションのベランダで太陽光発電をしている話を書いているのが、きっと検索で引っ掛かったんでしょうね。

僕自身は「テレビに出れて嬉しい」というわけではなく、「NHKの取材班はどのような機材で、どのような取材をするんだろうか?」というところに興味があったのですが。

お掃除ロボットLAQULITOを太陽光発電で充電

お掃除ロボットLAQULITO 以前愛用していたお掃除ロボットのルンバちゃん。長年の労働のお疲れでプラスチック部品が劣化し、バッテリーも寿命となり、あきらめることになりました。代わりに新しいルンバを購入しようかとも思っていたのですが、やはり5万円以上の買い物となると、簡単には行かず、ズルズルと先延ばしに。

そんなある日見つけたのがお掃除ロボットのLAQULITOというもの。アマゾンでを見ればわかりますが、1万円以下で、ユーザーの平均評価が星五つ。つまり満点。中国製なのはいまどき当然として、メーカーはCCPといいます。一体どんな会社?と思って調べてみると、どうやらバンダイの子会社でおもちゃなどを作っている企業のようです。なるほど、おもちゃからのアプローチですか。

ルンバちゃんより機能は劣りますが、この値段なら試してみる価値はあろうと早速注文。届いたものを見ると、ご覧のように見かけはとってもキュート。さすがおもちゃメーカー。ルンバよりもかなりコンパクトで、椅子の足の間とかの掃除にはルンバ以上に活躍しそう。重さもルンバの半分、と言ったところでしょうか。

バッテリーがかなり小さいですから。 「このサイズなら」と思って試してみたのが、何度も書いているリプソーラーミニという太陽光発電システム。蓄電容量が大きくありませんが、コンパクトなLAQULITOちゃんならフル充電まで行けるかな、と思って試してみたのですが…結果、駄目でした。

リプソーラーの仕組みは、一度バッテリーにためた電気を車の電源と同じ12ボルトで出力し、それを家庭用の電気機器で使用するためにインバーターを通して交流100ボルトに変換します。このプロセスで無駄が多く発生するらしく、バッテリーの電圧が少しでも下がると、インバーターが警告音を発して使用できなくなってしまうのです。 LAQULITOの充電にはACアダプターを介して直流電流を使うようですから、かなり無駄が多いわけです。12ボルト直流で直接LAQULITOを充電できるような仕組みであれば、多分、フル充電まで行けるように思うのですが。

以下はLAQUILITOの動作の模様の撮影です。Youtubeサイトはこちら。

DCモーター扇風機

リプソーラーという太陽電池システムを導入しているのですが、蓄電容量があまり大きくないため、昔からある扇風機で使うと1時間持ちません。何か工夫はないかなあ、と思っていたら、BALMUDAのDCモーター扇風機グリーンファンは、電力消費が著しく少ないという広告が。従来の扇風機と比べると、消費電力は半分以下とか。

ところでDCモーター扇風機って何だ?と調べてみると、プラモデルに使うような直流モーターを使った扇風機とのこと。普通の扇風機に使われているのは交流の電源に繋いで使う交流モーター(ACモーター)なのだそうです。

でもグリーンファンは3万円台。交流モーターの扇風機なら3千円でも買えます。この違いは何?という感じですね。どうやらACモーターに加えて、DCモーターの値段が高いというのが原因らしいですが、なぜDCモーターの方が高いのかはシロウトには全然わかりません。

そこでアマゾンでDCモーター扇風機を検索してみると、以外に色々ありますねえ。6千円台のもありますし、東芝の扇風機でも1万円台からあります。となると、グリーンファンの3万円台というのは、ちょっと高すぎかなあ、という気がします。

今ちょっと、DCモーター扇風機を買おうかどうか迷っているところです。楽天市場のポイントがある程度貯まったら…なんて言ってたら、購入は来年以降になりそうですね。

塗る太陽電池の実用化にめど

今日新聞を読んでいたら、三菱化学が塗る太陽電池の実用化にめどを付けたとのこと。塗る太陽電池とはすごい。要するに、太陽電池の形やサイズを問わないわけだから、従来の結晶シリコンの太陽電池に比べて発電効率が半分だとしても、倍の面積を太陽電池化するのはさほど難しくないような気がします。

うちの会社が所有している建物の壁一面とかに塗る太陽電池を塗りつけてみたいけど、市販する予定なのかなあ?それとも建材などのメーカー向けに限定して販売するんだろうか。値段も気になるけど、ビルの屋上にペタペタ塗るだけで太陽電池になるのなら、これは相当普及しそう。三菱化学の株価をチェックしなきゃ、と思ったら、持ち株会社が三菱ケミカルホールディングスか。

電気料金はいくら節約できる?

リプソーラーミニを導入して太陽光発電をしたり、LED電球に変えたりして電力使用を抑えてきていますが、はて、一体電気料金にするとどれくらい節約できるのか?何しろ太陽光発電装置もLED電球もそこそこの値段しますから、投資としてはどんなものなのかちょっと計算してみましょう。

中部電力の場合、従量電灯Bという契約で、最初の120kWhまでは1kWhごとに17.05円。思ったより安いですね。

太陽光発電のリプソーラーミニの場合、今のところ1日の充電で、50Wの扇風機を1時間くらい動かすことができるようです。我が家のベランダで充電した場合、ですが。ちなみに説明書では2日間充電して50W扇風機が3時間となっています。ということは我が家の場合1日の節電量50Wh。年間に200日使えるとすると、10kWh。え?となると170.5円?耐用年数が10年として1705円?

リプソーラーミニは5万円近くしますから、全然元が取れるどころの話ではないですね。となると、節約あるいは投資効果という意味では、白熱電球をLED電球に交換する方が元をとるにはずっと良い、ということになりそうです。