虫喰われセーターの補修

セーターセーターの裾が数か所、虫に食われて穴が開いていました。ウールで暖かいので気に入っていたものです。穴は大きいもので直径5ミリ位あります。もっと小さければ、素人でも目立たないように直すこともできますが、これはさすがに無理。穴の周囲を縫って引っ張るという簡便な方法では、引き攣れてしまいます。プロはよく似た色の糸を使って、編地を作るように(編むように)直します。以前、編み物の本を見て直したことがありましたが、本も紛失して、方法も忘れてしまいました。裾を内側に折り込んで纏ってしまえば簡単ですが、もともと着丈が短いのでそれをするともっと短くなってしまします。

それで、100円均一店で気に入って買い置きしてあった飾りのテープを縫い付けて隠すことにしました。裾だけではバランスが悪いので、首周りにも縫い付けました。210円と約1時間で完成。写真下のベージュ色の花の部分に穴が二つ隠れています。

どうでしょうか。ほとんどわからないと思いますが。同僚に見せたら初めからこういうデザインのセーターだと思ってもらえたようで、良かったです。

リメイク2

使用済み天ぷら油の再利用

kinnkann私の実家では、使った天ぷら油を肥料として木の根元にまいています。

油を搾り取った「カス」が油かすだから、天ぷら油を肥料に使っても同じことと、人から聞いたときは、その当たり前の道理に妙に納得しました。

植木鉢やプランターではやったことがありませんが、庭ならば多少、周りが油っぽくなっても、微生物やミミズなどがいて、自然に分解されると思うので問題ないと思います。

このキンカンはその天ぷら油で育てた木の実です。3年目の今年は、小さくても最高に甘くなりました。

 

思い出のTシャツをクッションカバーにリフォーム

cushion娘がとっても気に入っているけどTシャツとしては着られなくなったので、クッションにしてほしいと頼んできました。もう二十歳を過ぎているのだから、自分で作れば良さそうなのですが、寮暮らしでミシンもないので、親ばかですが、作ってやりました。袖や首、裾などに一切鋏を入れずに折り込みました。

たいそう気に入ったそうで私もうれしいです。

他にも捨てる前にきれいなボタンやリボン、かわいい柄の部分などを取っておいて、子供が小さいときは涎掛けやスモックなどにアップリケをしていました。

衣類のリサイクル、リフォームのヒントが下記のホームページに載っています。参考にしてください。

衣類のリサイクル

食品トレーで手作り園芸ラベル 

ちょっとした思いつきで、食品トレーで園芸ラベルを作りました。適当な形にカットして、油性ペンで名前を書いただけです。
名札

プランターや庭で野菜や草花を育てていますが、名札を使っていないので、しばらくすると、どこに何を蒔いたか忘れてしまいます。名札を立てればいいとわかってはいましたが、買ってくるのも面倒だし、もともと節約と楽しみのために育てているので、大した金額でなくても買うのは嫌でそのままにしていました。

種の袋をそのまま隅に埋め込んだりもしていました。これは時々袋の裏に書いてある育て方を見るには都合のいい方法ですが、風に吹き飛ばされたり、雨で傷んだりしていつまでも使えるものでもありませんでした。

春になっていよいよ種まきシーズンになったので、あれこれ思案しているうちに思いついてよかったです。

市販の名札は形がさまざま、今度は違った形にカットしてみます。

ペットボトルハウス、家庭菜園

ペットボトルのちょっとした活用方法のご紹介です。

軒先のプランターで葉物野菜を育てています。種まきをしてから約2か月も遅れてコリアンダーが芽を出しました。先に出たものはもう葉っぱが5・6枚もついています。何とか早く育てたくて、ビニール袋を掛けようかなと考えました。

でもビニールを支える針金のようなものが見当たらないし、買うのはちょっと面倒だなと思っていたとき、ひらめきました、ペットボトルを使うことを。少し暖かくなるまでの間使えればいいのですから。底をくりぬき、蒸れ防止のためキャップを取り外したものが下の写真です。

130124ペットボトルハウス

ペットボトルハウスを使ったコリアンダーの栽培の様子を下記のブログで紹介していきますのでご覧ください。

https://yaoya-san.com/herb/

インスタント冷凍食品のトレーの利用

めったに使いませんが、お弁当用にお惣菜の冷凍食品を買いました。

右上の赤いのが、売られている状態で、半透明トレーの上に赤色のカップが入っています。

まあ言ってみれば二重になっているわけです。

この半透明のトレーは、その場にいた友人4人に聞くとすぐゴミ箱行きとのこと。

「こんなきれいな容器を捨てるのはもったいないなあ」と思った瞬間、ひらめきました。

 写真は卵を入れてレンジ加熱したものです。もともと短時間のレンジ加熱できる容器ですので 1分くらいの加熱で済む料理ならよさそうです。(ただし油の多い材料や調理法は高温になり トレーが変質することがあるのできないと思います。また卵の黄身をあけたり、くずしておかないと破裂するので注意は必要です。)

加熱せず、ほかの惣菜を入れるのには問題ないと思います。角が邪魔なときははさみでカットしてお弁当箱に合わせます。おかずの一部をお弁当用に冷凍保存しておいても良いですね。夏ならゼリーや氷を作っても、おもしろい形のものができます。

捨てる前に 一度 利用してみてください。

 

 

 

風呂水給水ポンプのフィルターに洗濯ネットを利用

我が家では風呂水給水ポンプを様々に利用しています。

風呂の残り湯を庭のまき水に使うため、浴室の窓から外に置いた大型ごみ箱にポンプで汲み上げて貯めます。

また洗濯用の水を風呂桶から汲み上げるのは当然ですが、二回目のすすぎ水を次の洗濯に使うためにもポンプを使います。

ところでポンプにはゴミをとるためにフィルターが付いています。風呂水を汲み上げるだけでしたら、まだ良いでしょうが、すすぎ水を利用すると糸くなどがすぐ絡まり、給水力が落ちてしまいます。

この目詰りはちょっとやそっとでは取り除けません。専用の交換用フィルターも売られていますが、買うのはちょっとためらいがあります。

何か代用になる物はないかと、台所用のスポンジ等を使ってみました。けれど水圧で縮んだりして上手くいきませんでした。

その時ふと目についたのが、洗濯ネットです。ブラジャー用などの目の細かいネットにポンプを入れてみたら、とても具合が良いのです。ネットの外側についたゴミは水の中で振り洗いすれば簡単に落とせます。

これでフィルターの掃除や使い捨てから解放され、快適にポンプを使って節約生活をしています。

 

 

 

 

 

 

リサイクル・エコな物干しハンガーの作り方

クリーニングに出すとついてくる針金ハンガーを利用して、乾きやすい物干しハンガーを作ります。

材料 針金ハンガー2本1組 紐として破れたストッキングか荷造り紐など

    (ストッキングは伸縮性 があるので扱いやすく、縛りやすいので適しています。

    足の部分20cm位を縦長に2本に切って使います。) 

     

 タイプ1

 1.ハンガー2本を重ねて写真のように 

        3か所でしっかり縛ります。

 

 

2.写真を参考に肩部分と底の部分を

    広げます。風通しが良いように底辺部分を

    グーンと大きく広げるのがコツです。

 

  

  シャツ以外にもスカートやズボンも干せます。

 その時は落ちないように洗濯バサミを使って

 ください。

 

 

タイプ2 

1.ハンガー2本を重ねて写真のように3か所で

  しっかり縛ります。

 

 2. 写真を参考に肩部分を広げます。底部分は   

  なるべく平行にします。

 

 

   こちらは洋服以外にもタオルも掛けやすくなっています。

   また、肩先部分が  上がるように折ると、キャミソールなどの紐が

   落ちにくくなります。

  

  簡単ですので、みなさんお試しください。