手回し式ゴミ処理機を使ってみたものの

手回し式ゴミ処理機の「自然にカエル」というものを使い続けてきました。生ごみの処理能力はなかなかのもの。水分の多いものを入れすぎたり、といった失敗もありましたが、その機能にはおおむね満足。今度の震災もあって、ゴミを出さずにそれを肥料にできるのは、自治体のゴミ処理に使うエネルギーの節約と、食料の自給率アップ(できた堆肥は父の耕す畑へ)でいいんだけど。
でもここのところゴミ処理機の使用を休止中。問題は、中に入れるチップの価格。数千円もします。これもっと安くて代わりになるものはないものか。おがくずとか、木の樹皮のチップとかで試してみようかな。どうせならチップも含めて全部リサイクルで行きたいところ。