リプソーラーミニ用のバッテリー

太陽光発電システムのリプソーラーミニ。どうもバッテリーが寿命になったようなのですが、前回書いたようにバッテリー交換費用は一台につき18000円と言われました。我が家には2台ありますから36000円。さらに結構重いですから、送料もかかります。

そこで、自分でバッテリーを交換できるものかどうか中を開けてみてみました。

リプソーラーミニのバッテリー

ケースのネジをドライバーで外します。ちょっと固いですがしっかりしたネジが使われており、比較的簡単に外すことができました。

中に入っているバッテリーは韓国製(ちなみにリプソーラーミニ自体も韓国製のようです)。まったく同じ型番のものは日本で売られているかどうかわかりませんでしたが、12ボルトで18アンペアの汎用的なバッテリーのようです。

調べてみると、同じサイズの他メーカーのバッテリーは数多く売られており、バイクや電動自転車、UPSなどで一般的に使われているようです。さらに、アマゾンの商品コメントには、「太陽電池システムに使っています」という記述もちらほら。

値段は一台4千円弱から。修理代の18000円とはずいぶん開きがありますから、ダメもとで自分で交換を試みることにし、アマゾンで注文しました。さて、リプソーラーミニのバッテリー交換、うまくいくといいですね。