ソーラー式充電器からUSB電源を使う

ふと気が付いたのがUSBから電源をとる機器が増えているという事実。iPhone や iPad もUSBから充電しますし、最近購入した自転車で使えるカーナビ、NAV-U35の外部電源もUSB端子から電源を供給するもの。もちろん今度発売になるソニーNV-U37も同じようにUSBからの電源供給でしょう。

非常用に携帯電話などが充電できる、ソーラーパネルを備えた充電器などもたくさん出ていますが、その多くはUSB端子からの電源供給が可能です。つまり、USBから電気を供給して使える機器を揃えれば、ソーラー式の充電装置は簡単に安く手に入る、ということ。

今までマンションのベランダ用に、大型の12Vバッテリーを使った充電システムの構築ばかり意識していましたが、割り切って小型の電気機器を導入すれば、かなり使えるし、USB電源供給用の充電器なら小型でポータブル。災害にも強そうです。

ただ、こうしたソーラー充電器でどの程度までの電源供給が可能か?が問題ですね。携帯電話の充電程度なら、さほどの出力は必要ありませんが、LEDライトを点けるとなると、どれくらいの時間、どれくらいの明るさで使えるのか?

それと、その他にどれくらい実用的な機器が揃っているのか?ちょっと調べてみる必要がありそうです。