お風呂の小型電球もLED電球に交換

洗面所のレフ型電球をLED電球に変えた勢いに乗って、お風呂の小型電球(ミニクリプトン球)もLED電球に交換。ついでに和室の電球も東芝の40W相当電球色のLED電球に交換。しめて1万円強。やっぱりまだまだLED電球、高いですね。浜岡原発停止を考えて、我が家だけ節電していても駄目なんですが。

もう一つ、LED電球を買いに行って驚いたこと。LED電球の値段が高いせいか、それともあまり買う人がいないせいか、度のお店も品揃えが貧弱。あるいは、タイプ数は多くても商品数が少ない。ひょっとすると、買われちゃっている?かもしれないのですが、でもLED電球売り場にそれほど人がいるわけではないですし。

多くの人は「今度電球を交換する時にはLEDにしようか」程度なのではないかと想像します。我が家のようにまだ使える電球を全部LEDに変えてしまえ!というのは少数派なのかも。

それでも一番電力消費量の多いリビングルームに狙いを定め、東芝の40W相当LED電球を7個インターネットで注文してしまいました。楽天市場で近所のホームセンターより1割以上安く売っているのを見つけたので。それでも合計額は2万円超え。

我が家の電球総入れ替えプロジェクトは、丸型蛍光灯など、まだLEDに交換できないタイプを除き、すべての電球を対象にしています。玄関にはあと4灯あるし、玄関の外にもあったな。と考えると総予算は5万円くらいになりそうですね。

さて、この5万円の投資で節約できる電気代を考えると、一体利回りはいかほど?