お掃除ロボットLAQULITOを太陽光発電で充電

お掃除ロボットLAQULITO 以前愛用していたお掃除ロボットのルンバちゃん。長年の労働のお疲れでプラスチック部品が劣化し、バッテリーも寿命となり、あきらめることになりました。代わりに新しいルンバを購入しようかとも思っていたのですが、やはり5万円以上の買い物となると、簡単には行かず、ズルズルと先延ばしに。

そんなある日見つけたのがお掃除ロボットのLAQULITOというもの。アマゾンでを見ればわかりますが、1万円以下で、ユーザーの平均評価が星五つ。つまり満点。中国製なのはいまどき当然として、メーカーはCCPといいます。一体どんな会社?と思って調べてみると、どうやらバンダイの子会社でおもちゃなどを作っている企業のようです。なるほど、おもちゃからのアプローチですか。

ルンバちゃんより機能は劣りますが、この値段なら試してみる価値はあろうと早速注文。届いたものを見ると、ご覧のように見かけはとってもキュート。さすがおもちゃメーカー。ルンバよりもかなりコンパクトで、椅子の足の間とかの掃除にはルンバ以上に活躍しそう。重さもルンバの半分、と言ったところでしょうか。

バッテリーがかなり小さいですから。 「このサイズなら」と思って試してみたのが、何度も書いているリプソーラーミニという太陽光発電システム。蓄電容量が大きくありませんが、コンパクトなLAQULITOちゃんならフル充電まで行けるかな、と思って試してみたのですが…結果、駄目でした。

リプソーラーの仕組みは、一度バッテリーにためた電気を車の電源と同じ12ボルトで出力し、それを家庭用の電気機器で使用するためにインバーターを通して交流100ボルトに変換します。このプロセスで無駄が多く発生するらしく、バッテリーの電圧が少しでも下がると、インバーターが警告音を発して使用できなくなってしまうのです。 LAQULITOの充電にはACアダプターを介して直流電流を使うようですから、かなり無駄が多いわけです。12ボルト直流で直接LAQULITOを充電できるような仕組みであれば、多分、フル充電まで行けるように思うのですが。

以下はLAQUILITOの動作の模様の撮影です。Youtubeサイトはこちら。